カテゴリ:青海島( 7 )


2012年 02月 02日

クサウオのハッチアウト





今年はクサウオの当たり年だったようです。


シーアゲインさんが熱いシーンをガイドしてくれました^^






卵を守るクサウオ


e0112813_19453156.jpg





水深50~150mの深海に生息するらしいクサウオですが


産卵の時期だけ卵を産みに浅いところにやってくるようです。


網に産み付けられている黄色いのが卵塊。



e0112813_19454999.jpg





連続遠征したので、翌週はマクロで。



60mmで動画担当でしたが写真も少し。




e0112813_1952502.jpg





産まれたての卵塊が・・・



e0112813_2011834.jpg




発眼していて、そして、ハッチアウトの瞬間に立ち会えました。



e0112813_2015014.jpg




もう1枚。



e0112813_2042853.jpg




最後に100mmマクロ+CLをバディさんに借りたら体内の模様までクッキリ。




親は体長50cmオーバーになることもあるクサウオですが、お話によると年魚なんだって。


体長2mmくらいの仔魚が大きくなって、また来年、素敵なシーンを見せてくれることを願うばかりです♪






ご一緒した皆さま、ありがとうございました^^
[PR]

by michiki618 | 2012-02-02 22:37 | 青海島 | Trackback
2011年 06月 28日

ベニツケギンポ





スマートフォンにしました。


画面をパチパチとうまくうてないのが


メールやメッセージの返信の遅れの一因です(^^;)スンマセン






ベニツケギンポ 


e0112813_2327633.jpg

[PR]

by michiki618 | 2011-06-28 23:35 | 青海島 | Trackback
2011年 06月 08日

オオカズナギ




あの興奮を再び。。。



2年ぶりに青海島に行ってきました。

この日は他のお店さんもおらず、青海島の海をkenyuさんと僕とで貸切でした^^

お世話になったのは前回同様シーアゲインさん






オオカズナギのバトル(雄の対決)


e0112813_1853424.jpg





オオカズナギが口を大きく開けた瞬間に僕もテンションあがりまくりぃ。


特に2本目はバトルしまくりのお祭り状態♪




e0112813_1911521.jpg





力が拮抗しておるのか口を重ねてクルクル回ってました^^




e0112813_192526.jpg





お口のなかはこんな感じでーす。




e0112813_1933047.jpg






バトルを観察していて面白いなと思った1つが、異性のバトルには全く無関心なところ。



次の写真はオオカズナギの雌のバトル

口を合わせているのが雌同士で、一番下にいる雄は我関せずで興奮する様子はなし。




e0112813_19114263.jpg





そして、雄同士がバトルしているときも奥の雌は我関ぜず。

バトルの左下でチョコンと写っているオレンジの顔が雌です。




e0112813_19134567.jpg





巻き添えをくらう心配がないのか、しらんぷりしながら近くにいてました。

バトルが始まると少し離れて闘いの終わりを待つオオカズナギもいたし

色々なタイプのオオカズナギがいるんですね~。





ペアが成立すると愛情を確認しあうような行動が頻繁に見られました。


e0112813_19173094.jpg





すぐ近くを偵察しにいき、そしてパートナーのところに戻って身体を寄り添わす。

この行動はかなり頻繁に行っていたので観察していると微笑ましかったです。




e0112813_19201484.jpg




巣穴に入っているので抱卵状態の観察は難しいらしく

ハッチアウトなんてまだ誰も見たことがないレベル!?

通っていると遭遇する事もあるかもしれないので、これからも追いかけていきたい魅力的なお魚さんですね。





撮影もそこそこにガイドさんのヘルプなどなど、なにからなにまでお世話になったkenyuさん

ありがとうございました。

そして、また遊びにいくのでよろしくお願いしまーす(^^)
[PR]

by michiki618 | 2011-06-08 19:41 | 青海島 | Trackback
2009年 06月 07日

青海島産ビイドロカクレエビ





今日の被写体は4月の青海島で撮影したエビさんでーす。

紫津浦というポイントにたくさんいました♪




ビイドロカクレエビ



e0112813_10132275.jpg





長崎県で初記録されたエビさんなので、和名は長崎の名産であるビイドロからネーミングとのことです。

エビさんの体をガラス細工に例えるとは、センスのあるネーミングですね~。

僕的にはかなりイケてるネーミングだと思いまーす^^




e0112813_10133611.jpg





このポイントでの宿主はムラサキハナギンチャクだと思いまーす。

ガイドさんがムラサキハナギンチャクのまわりを探してたので。。。

このときは移動中にカメラが当ったフクロノリからビイドロカクレエビの団体さんが飛び出してきて発見!!

少しシルト質の砂地に散乱しちゃったので、宿主とエビさんが一緒の写真はありません。




e0112813_100328.jpg





写真自体もモクモクしてる感じで鮮明さに欠けますね。。。

5月の青海島で再挑戦してから登場させようと思ってたんだけど

紫津浦には入らなかったので登場でーす。

このエビさん、またどこかで会いたいものです^^
[PR]

by michiki618 | 2009-06-07 10:10 | 青海島 | Trackback
2009年 06月 01日

青海島産オオカズナギのバトル









オオカズナギ



e0112813_21392127.jpg







オオカズナギのバトル



e0112813_21451996.jpg

e0112813_21452782.jpg

e0112813_21454685.jpg

e0112813_2146564.jpg






e0112813_220934.jpg

e0112813_2203411.jpg






撮影機材: 50D + 60mmマクロ + Z-240×2
[PR]

by michiki618 | 2009-06-01 22:14 | 青海島 | Trackback
2009年 04月 29日

青海島その2 キアンコウyg





2本目はポイント変更で紫津浦(シツウラ)というポイントへ。

このポイントも凄いっす!

なにが凄いかというと、北風に強い!!

2日目の船越は大荒れでしたが、このポイントは内湾で北風に強いので問題なし!!!

しかも、被写体も目玉がいろいろといるんですよぉ。

1日目の2本目はkenyuさんとキアンコウyg探し隊!!

アタリの日だと7~8個体も出てて、myキアンコウyg状態とのこと。



けど・・・




数センチサイズのものを素人が探すので・・・

10分後・・・見つけれない

20分後・・・まだ、見つけれない

30分後・・・まだまだ、見つけれない

40分後・・・全く見つけれずにいると、他のメンバーをガイドしてきたガイドさんが帰ってくる

しかし、見つけたよ♪  っていう合図は全くなし(>_<)  

あぁ~、このダイビングはこのまま終わりなのかなぁ?! まだクラゲしかみてないぞぉ(笑)って思ってると・・・





チリチリーン♪の合図が!!




キアンコウyg


e0112813_22425646.jpg





羽衣をまとったようで神聖な感じもしますね。




e0112813_2244945.jpg





そう!キアンコウygは水面近くにいてるんですよぉ~。

なので、ダイビングの最初からキアンコウ探し隊に入隊すると他の被写体は見れません^^;




e0112813_22465421.jpg





カメラの向ける角度によって、いろんな色に抜くことも可能でーす。

正面顔は愛嬌があるというか、ブサイクですね(笑)




e0112813_22485627.jpg





けど、動くものが水面近くにいるので撮るのは難しかったっす。

もちろん、体を固定させる場所なんてないし・・・

みんなが集まると濁りもするので、次回はやはり自分でmyキアンコウygを見つけなければ^^;

ってか、ガイドさんはやはり凄いっすね~。シーアゲインさん、おすすめですよ♪




ダンゴウオ×1回、キアンコウyg×2回を見て満足し、僕は2日間で3本で終了~^^;

女性陣は2日目の4本目もキアンコウyg祭りに行ってました。

水温15度に限界を感じはじめ、水面もパシャパシャと荒れ始めたので軟弱者になったことは内緒です(笑)
[PR]

by michiki618 | 2009-04-29 23:10 | 青海島 | Trackback
2009年 04月 27日

青海島その1 ダンゴウオ





初めての青海島に行ってきました♪

関西からの参加メンバー・さっちゃんまぁちん

現地で迎えてくれたメンバー・kenyuさんかどぅみはん・まどちゃん

中国池田 → 青海島  走行距離・往復約1100キロ

高速代・往復・3600円

kenyuさんの家に前泊させてもらう → 翌朝に青海島に向かう 

このパターンなので、高速代は3600円っす。直に青海島に行ったなら往復2600円で行けるよん(笑)

3人分の器材+カメラを積んで走りましたが、ガソリンは満タン2回分でOK♪

山陽道をつかうと青海島まで行っても片道5時間くらいっす。飛ばす人はもっと早いでしょう(笑)

ずーっと高速走行でラクチンなので、予想以上に青海島は近かったっす^^




ほんでもって海のレポですが・・・

お世話になったサービスはシーアゲインさん

週末は日本全国の海が大荒れ予報!! 現地へ行ってみないと潜れるのかわからない状況でしたが

1本目なら船越というポイントへ入れるとのことで準備してGO♪




ダンゴウオ

ダンゴちゃんのサイズは5mmくらいで少し小ぶりとのことでした。


e0112813_17431220.jpg





ダンゴちゃんを観察しててかわいいと思った瞬間は・・・

正面顔で目線をくれたときがかわいいのと、たまにクルッ♪ってターンする仕草もかわいいっすね。

まさに萌え萌えです(笑)



e0112813_17521578.jpg

e0112813_18352034.jpg

e0112813_17525728.jpg

e0112813_17531624.jpg





このあと、ミニミニのヤドカリさんに近づいていって興味をしめしたけどアクションは何にも起こらなかったっす。




e0112813_184251.jpg





このポイント・・・少し水面移動をしてから潜行するんだけど、水面は波打ってるので海況自体は良くはない。

当然水中はウネリもあり、おまけに水温は15度ちょい。

なかなか厳しい状態でしたが、このポイントに1本だけでも潜れたのはラッキーだったことを知ることに。

嵐を呼ぶ悶絶クイーン VS 自称・晴れ男+晴れ女

沖縄本島に続き青海島でも対決してみましたが、この週末も曇りが続く均衡状態・・・

しかし、天気は均衡状態でも海況は悪化の方向へ(;一_一)

午後から更に水面は波打ち・・・

次の日には・・・





e0112813_18111690.jpg





現地の人でもなかなか見れないほどの荒れようでした(笑)

ある意味、こっちの方が日本海に来た気持ちにはなれた?!   ←あかんあかん^^;


追記:穏やかな青海島はこちらです。  ってか、こちらが日常です^^;
[PR]

by michiki618 | 2009-04-27 18:21 | 青海島 | Trackback