2010年 12月 03日

興津川




バタバタが続いてしまってブログも放置状態。。。

気がつけば約2週間ぶりですわ^^;



e0112813_1658467.jpg





先週はTOMIYAさん夫妻と三保に遊びに行ってきました。

TOMIYAさん、シャア(赤い彗星)の気分でガンダムを狙い撃ちしてはりました(笑)




さて、伊豆には縁が薄いかもしれない西日本ダイバーの皆様。

三保ってなんて読むのか知ってます?

MIHOと呼ぶのが正解です。   ←お前はなんて読んでたんや!!っていうツッコミはなしの方向で(笑)  

だってだって、関西では三宮とか三田とか・・・

『三』を『サン』って読むのが普通でしょう!と言い訳してみたり。

でもって一度でも『サン』と読んでしまうと・・・

サンホとは読みませんよね~。 ってことは、サンポ!?   いやいや、それもないわ~。

とか言いながら、恥かしいのでここまでにしときます^^;




目的は第十回 三保水中生物研究会 記念講演会

簡単に言えば、プロ写真家さん&プロガイドさん10名のスライド大会。

テーマは『海洋生物の多様性』




いや~、凄かったです!!

静岡まで行ってよかった♪

同じテーマにのっとってますが、ネタかぶりもなく全作品が見る側を魅了してました。

撮影意欲、創作意欲などなど、いろんなものが刺激されまくり~。

第10回記念大会ゆえの豪華メンバーということでしたが、来年も是非是非お願いしまーすm(__)m





そして、翌日はアイアンの鉄さんに興津川に連れていってもらいました。

伊豆には縁が薄いかもしれない西日本ダイバーの皆様。

興津川ってなんて読むのか知ってます?   

OKITSUGAWA。。。

これまた読み方を間違えてしまったのは僕だけでしょうか(笑)





参加は総勢約20名。


e0112813_1781667.jpg




みんなが見つめる先にいるのは・・・



e0112813_1791883.jpg




南紀シーマンズクラブの上田くんが偵察しております。




昨年はこの時期に鮎の産卵が始まってたようですが今年はまだ時期尚早とのこと。

恩納村・マリンドリームの広部さんは少し上流まで行って、素晴らしい産卵映像を撮ってましたが

鮎がお初だった関西チームは雰囲気を味わって終了~。

写真がないからブログはどうしよう。。。と、焦りながら川を徘徊してるときに見つけた鮎。



e0112813_1723791.jpg




力尽きる前なのか、体はお腹を上に向けて漂ってます。

けど、近づくと黒目で僕をにらんで体をブルブル震わせます。



e0112813_17521363.jpg







アユ撮影の横目にしか見てませんが、他には


e0112813_17365961.jpg



ヌマチチブかな。

チチブの仲間にゴクラクハゼやシマヨシノボリらしきハゼがいてました。

宿題だらけの興津川、次回はガンツーんといきたいもんです^^





ご一緒していただいた皆様、お疲れ様でした。
[PR]

by michiki618 | 2010-12-03 18:37 | 三保 | Trackback
トラックバックURL : http://michiki.exblog.jp/tb/13749601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< クマノミ      ベラさん達 >>